葬儀にこだわりなどと想像できないと思うかも知れませんがお葬式を想定する場合にはどこを大切に思うか…。

本当なら亡くなった方に贈与される肩書じゃなくて、仏道修行に参加した、出家者に渡されるものでしたが、近年では、変わる事が無い儀式などを、実感した一般の人にも、伝授されることになっています。
仏式のケースでは安置は北枕でと言われていますがご遺体安置の手法は仏式以外で神式、キリスト教などの、一つ一つの宗教・宗派によって慣習が変化します。
それ相当の葬儀告別式を執り行うとしたらやはりある程度に必要になりますが、色々考慮すれば、だいたい100万ほど、セーブが可能です。
『終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)』という意味は字の雰囲気のまま一生涯の終わり方の行動あり、終身の最後を更に好事にすべくその前に用意しておこうとされている活動の事です。
ご自身の葬儀や葬送の段取りについて生前から決めておく事を願望として持つ方奥様と相談したりエンディングノートと言われるものに書き残す人もいるようです。

葬儀式は寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)の僧侶が授戒(戒律を授けること)と引導(仏を彼岸に導くこと)を行う祭事で、一般では遺族のみが参列されていたようです。
葬儀式と言う催しを実施することで近しい人の死という区切りをつけ、自分の中でけじめをつけて新しい生活を、糸口となります。
静かでひっそりとした葬儀を検討しているのに高価な祭壇や華美な演出を押し付けられる場合は、葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)の考え方が、出来ていないということになります。
同居の父がある時一人でふらっと散歩に出向いて毎度毎度葬儀・お墓・永代供養などのチラシを貰って帰り楽しそうに語っていました。
ご一家・親戚と一部の限られた皆さんのみを読んで、お別れが出来る、セレモニーを、「家族葬」と呼称されるようになり、ここ数年、根付いて、まいったそうです。

死没者の住居のまとめすす払い、残品の処理などを含んだ遺品生理は、在来うちの方の仕切るというのがスタンダードでした。
後飾り祭壇は葬式を終え片付けた後にこれらの遺影・遺骨・位牌などを法要まで自宅で安置してお参り供養するための祭壇を後飾りと呼びます。
法要参加の方々に心を洗い親鸞の面前に仏になった死人を迎えて、再度心をかわされ、お祈りをするものであります。
葬儀にこだわりなどと想像できないと思うかも知れませんがお葬式を想定する場合にはどこを大切に思うか、という意味だとおみます。
斎場とは従来神道用語でセレモニーや儀式を行うところを言いましたが、近年では、転じて主役にお葬式を執り行うことが望める建物を指します。